<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2007年 03月 31日
3月26日
何日かたってしまったけど卒業しました。



a0092169_11334376.jpg




豊崎組の仲間たち。晴れ姿はいいねぇ。

ちなみに、デジカメのデータが壊れて卒業式の写真のデータが全滅!しょっく!!!!!!!!

いっしょにとったみなさんデータください。うかがいますので。







4年間を漢字一文字で、という質問に色という漢字を書きました。

簡単に言えば色々あったということです。

できごとだけでなく、色んな人に出会ったし、色んなことを考え、色んなことを学んだ気がする。

みんなひとりひとり変だし、なんかをするたびになんかおもしろいことがあった。

課題中の製図室やら、みんなで遊んだことやら、その一つ一つのできごとを細かく思い出せたり、

一人一人のキャラや、それにまつわるどうでもよさそうなエピソードをくわしく思い出せるほど、

個性が強くて、いい人ばかりで、仲間に恵まれた楽しい4年間だったと思う。

その中で貴重な時間をすごせたのがほんとうにありがたい。

みんなから色んなことを教えてもらった気がするし、4年前とは想像がつかんくらい成長したと思う。これでも。。。。





a0092169_11454090.jpg




仮面パーティー。

こんなバカなことをして盛り上がれるみんなと日常であえんくなると思うと、寂しい。。。。。。

ごはんを食べよう、とか、研究室おるかなーと思って携帯をみたとき、

あーそういえばもう引っ越したんじゃー、

と思うときが一番、環境がかわったんだと実感する。

小さいことだけど大きい。さびしんだよ。。。。




でも、たーにーが言ったように、これで終わりじゃなくて、これからだと思いたいし、

みんなとはそういう関係でおりたいと思う。

寂しがってばかりはいられません。

新しい環境にとびこんでいく人も、芸工大におる人もがんばろうっ。

あたしは社会に出て行くみんなほどそこまで環境の変化を感じんかもしれんけど、

自分でいい環境をつくって、どうにかこうにか自分で楽しいみちを切り開いていこうと思います!




忙しいかもしれんけど遊んでねー。
[PR]

by pepelog | 2007-03-31 12:26
2007年 03月 22日
北へ!
初北海道いってきました。初東京以北です。

北の大地はやっぱりでっかかったー。

札幌→旭川→美瑛→屈斜路湖周辺(摩周湖、知床)→釧路→帯広

札幌のスープカレー→旭川ラーメン→オホーツクのかに、摩周湖アイス(神秘的な味)→勝手

丼(ご飯を買って市場で新鮮な好きな魚介類を好きなだけのせて食べる釧路名物)→

帯広の豚丼、プリン→ジンギスカン

というふうに、広くてさむーい冬の北海道のおいしいところを

東西にかいつまんだグルメと自然と温泉の旅でした。



a0092169_11313075.jpg


1日目。

イサムノグチのモエレ沼。

ピラミッドにはいるとおじいさんが演奏中。

風景にストーリーがあるというか、シークエンスがダイナミックに変化する気がしました。



a0092169_11342237.jpg



公園内にある丘だけど、吹雪いてて軽く登山でした。



この日の日付がかわるとき、環境の末っ子のmちゃがやっと22歳になりました。

旭川で雪にロウソクたててお祝いです。


a0092169_1139297.jpg






2日目。

みんな朝早起きして美瑛にいきました。


a0092169_11424960.jpg



広い平原にぽっつーんと木がたっていたり、北海道っぽい広大な景色がみれます。



a0092169_1145720.jpg



親子の木。

雪にばふーんとあこがれのダイブしたくてしたけど凍ってて鈍い音が。。。残念。

春や夏になるとこの平原が緑になったり、パッチワークみたいにいろんな花がさくらしい。

違う季節にまたきたくなった。

そのまま旭山動物園へ。


a0092169_1150416.jpg



ペンギンの散歩です。

よちよちでかわいすぎる。

他にもシロクマやアザラシやみんなサービス精神旺盛でした。




旭川から屈斜路湖あたりに移動する途中、層雲峡という山の中の山みたいな、

雪だらけのとこで氷でかまくらとかつくってあるひょうばくまつりをみて雪道を激走です。




北海道は大都市間がほんとーになにもなくて、夜は満点の星空でした。

写真にはとれんかったけど木の枝の間から星が見えるほど。。。

つーんと冷たくはりつめ、しーんとした真っ暗な夜空に

きらっきらっと光るその場の雰囲気はすてきなものでした。




3日目。

この日もわりと早起き。

霧の摩周湖。青い。


a0092169_1212772.jpg



霧が晴れてると不幸になるそうな。

でも快晴でいい風景がみれたからよかった!

そのあと知床へ!

知床は世界遺産になったけどなんかすんごーいさびれとった。

シーズンじゃないけえかも。



4日目。

超早起き。

屈斜路湖の日の出をみようと美幌峠へ。



a0092169_1261999.jpg




きれいー。日が出たときもきれいと思ったけど出る前のカットアウトしたような、

なんともいえんこの色がきれいと思った。

このとき、自分史上最高の寒さを感じた。耳が殴られたように、きれるように痛かった〜。


北海道っぽいみちをとおって釧路へ!!


a0092169_1283590.jpg





知床や摩周湖でも会ったけど、釧路湿原でも野生の鹿?に遭遇。

きたきつねとかりすにも会いたかったー。


a0092169_12102069.jpg



夏になると一面緑になるんだろなーと思うとやっぱりまた来たくなる。





釧路市内から帯広までは、ちゃんと運転するのはほとんど初めてなのに車を運転することに!

エンジンのかけ方すらあやしかったけど、百何十㎞走破しました!

都市と都市の間の北海道のみちは、広くて信号はほとんどなくて原チャとかもいなくて

走りやすかった!




5日目。

この日も超早起き。

4月から9月は水に沈んでるという幻の橋を見に行こうとするも、雪道で車入れず断念。

最後に、幸せになろうと、愛国駅と幸福駅へ。


a0092169_121655.jpg



ちゃんと、愛国駅から幸福駅までの切符も買いました!





久々に長々とかいてしまった。

というかかかざるをえないくらい充実してました。楽しかった。

空と地面がどこにあるかわかるというか、空と地面の二つから絵がつくられているというか、

とにかく北の大地はほんとうにでっかかったー。

なんにもなさをすきになりました。

どこが一番印象に残ったか決めがたいぐらい、いろんなすてきな風景を満喫した旅でした。
[PR]

by pepelog | 2007-03-22 12:33
2007年 03月 18日
南へ!

ゼミ旅行指宿なんだけどいけないんだよねー。

じゃあ指宿へ行こう!

ということで門田氏と指宿へいってきました。


a0092169_18103124.jpg



1年のときゆきちゃんにつれてってもらったラーメン屋、豚とろ。

名前のとおりチャーシューがおいしいい~、かったはず。。。

確かにおいしい!

が、こんなに重かったっけ。

確実に歳をとっている。



a0092169_18111480.jpg


お目当ての砂風呂!砂から湯気が。

与謝野晶子も訪れていたのねー。

波の音を聞きながらからだもすっきりです。

このあと、立ち寄りの展望露天風呂を探してやっとみつけた旅館へ。

玄関の庭にはご立派な松が!

中に入ると確実に場違いなことに気づく。

出迎えてくれた人に汚いスニーカーを運ばせ、

品のよい着物をきた女将さん風の女性を横目に、展望風呂へ。

夜の海と、そのむこうにうっすらとみえる大隈半島。。。

素敵な眺めでした。

ところが門田氏の体調が悪化!!

宿へ急ぐ。。。

その宿おすすめのかつおのたたきを食べて22時には就寝。

門田氏の体調がよくなることを祈って。。。。


a0092169_1811332.jpg



日本一安くて海の見える宿からの朝日。

残念ながら門田氏の体調はあまり回復せず。

7時台に逃した枕崎方面へ行く列車は12時前まで来ないことを知り、鹿児島市内へ。



奄美の里という博物館というかテーマパークにある大島紬の里に行きました。

大島紬とは奄美大島で古くからつくられている織物です。

田んぼの泥や植物で染めた糸を使って、図柄を考えて織っていきます。

自分の周りにある環境資源をいかして自分の必要なものだけを

長い時間をかけてつくっているんだなー。

こういう類のものの手作業の複雑さ、精密さにはいつも感心させられます。




その後、ゆきちゃんがいつかつくってくれた鶏飯を食べて、

アミュプラザでぶらぶらして福岡へ帰りました。






南の端までいってきましたが、時間の流れ方が違うようです。

もっとあせらずせかせかせずに心を広く気を長くをもてるようになりたいと思いました。

そうしたら友達が思っていることや、自分が考えていることとか、

もっといろんなことに気づいてあげられるんではないかと。

でも性格は20歳をこえると変わらないと誰かが言っていた。

まあ変えなくてもいいんだが。。。努力はしよう。





明日からはもっと大きな広い大地を求めて、北へ!
[PR]

by pepelog | 2007-03-18 22:30


    



A Happy New Year
by pepelog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧